赤ちゃん写真撮影のコツ
BONJOURPHOTO

赤ちゃん写真のコツやアイデアを伝授
 
 
赤ちゃんを見守るシーンは温かい写真に
 
シャボン玉はドリーミーな雰囲気
 
日常も残しておきましょう、写真が雑多にならない様に余計なモノを写さないのがポイント
 
兄弟やペットが赤ちゃんに興味深々という写真も是非残しましょう
 
 
イベントの時期はちょっとしたコスプレ写真もおすすめです
 
人から貰ったギフトと一緒に(ファーストシューズ)
 
リンクコーデ(お揃い)もいいですね
 
 
「ガォー」楽しいコスプレ
 
 
 
季節感を取り入れた写真も忘れずに
 
ナイススマイル
 
 制作した年賀状と一緒に
 
ストーリー性を取りいれた写真
 
ロウソクや間接照明だけの光で撮影するのも温かくていい感じ
 
冬ならではの温かい写真 
 
 
お赤ちゃんの首が座ってくればアイデアの幅もどんどん広がります。あえて大人の布団に寝かしてみたり
 
みんなで1つの椅子に座るのもかわいいです
 
 
自然(海)はやっぱり絵になります。あえて逆光で撮る事でドラマチックな仕上がりに
 
 
授乳シーンはベビーフォトのマスト
 
 
赤ちゃんの袴(着物)姿は破壊力抜群のかわいさです
 
寝ている姿もやっぱりかわいい
 
スマイルフォトは何枚あってもいいと思います
 
 
お祝い(お食い初め)写真は流れに沿ったシーンと目線を貰うシーンを残しておきましょう。この時も写真に写る部分は綺麗にしておくと写真がぐっと良くなります
 
足など身体の一部を写す写真もかわいい
 
 
赤ちゃんが自分の頭を支えられる時期になったら、ちょっとしたポーズ写真も
 
みんなが寄り添う写真はやっぱり温かい
 
 
自然(森)の中で後姿やストーリー写真
 
 
ユーモアを取り入れたアイデア写真。子供は一歳くらいになると被りモノを嫌がるお子さんも多いので、この時期(月齢)がおすすめ
 
大人の背中越しベビーショットは定番
 
かわいいアイデア写真
 
かわいいアイデア写真 その2
 
赤ちゃんを撮る時は出来るだけストロボ(フラッシュ)を使わず、その場の光だけで撮りましょう。文中にもありますが写真に写る場所には余計なモノを置かないのもポイントです。カメラの設定は明るめにもしておくと柔らかい雰囲気の写真が撮れます
 

 
  オシャレな子供写真撮影のコツやアイデアを伝授
 
 
千葉出張撮影
 
コンセプト
 
撮影料金
 
口コミ
 
カメラマン
 
予約フォーム
 
 
写真
 
カメラマン
 
 
出張地域
 
よくある質問
 
撮影ジャンル
 
アルバム、写真台紙
 
問い合わせフォーム
 
出張